投資戦略

なぜ個別株を持っているのか?私の個別株戦略とは?

インデックス派なのに、個別株を持っているのはなぜ?

私の投資スタイルはオールシーズンポートフォリオを意識したコア戦略(USA360メイン+金)と、サテライト戦略(個別株、レバレッジETF、仮想通貨)となっているのですが、個別株を持つ意図について紹介してみます。

私は個別株には向かない

若い頃、株式投資を始めた頃はインデックス投資を知らず、もちろん米国株やETFも知りませんでした。当時は個別株しか出来なかったので、個別株をやっていました。

ビギナーズラックで500万円も元資産が瞬間最大で1500万円まで上がったこともありましたが、結局はほぼとんとんで手仕舞うことになりました。

その後も個別株は何度かやっていますが、そのときに学んだのは、個別株は私には向かないということ。

個別株はリスクがその銘柄に集中してしまうので、なにかあると一気に資産が目減りしたり、そんなときは弱気になって安値で売ってしまうことになります。

そんなこともあって、ここ数年は相当な理由がないと個別株は買わないことにしています。

にもかかわらず、なぜ個別株を持っているのか。

今持っているのは下記の3銘柄ですが、これらを持っている理由をここで書いてみます。

  • スタジオアリス
  • メルカリ
  • ソフトバンクG

スタジオアリス

スタジオアリスを買ったのは、これは単純に株主優待目当てです。子供が生まれて、子供が小さいときは年に数回スタジオアリスに行ってきぐるみやドレスで写真を撮っていたのですが、株主優待があることを知り、株主になることにしました。

この株主優待は実質的な金額的には1万円くらいの価値があり、とても気に入っています。

今はスタジオアリスに行くのは年1回で、この株主優待を使うために行っているのですが、株主優待でもらえる額縁の写真以外にも、少しだけ写真を買っています。

購入したときの株価は確か13万円台だったと思いますが、今は21万円くらいになっているので、それなりに儲かっている形です。

メルカリ

メルカリには明確な狙いがあります。それは、TOBがあるのではないかと読んでいること。メルカリの事業モデルは、大手企業からすると魅力的に映るのではないか、そんなふうに考えています。

具体的に言うと、携帯キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)のいずれかのグループが買収するのではないか、そんなことを予想しています。

楽天はすでにラクマを持っているのでメルカリの買収には手を出さないでしょうが、残りの3グループが買収に乗り出すことは十分に考えられると思っています。

メルカリを購入したのは株価が210万円の頃で、今は670万円ほどになっているので、株価は3倍以上とかなり儲かっています。ただ、売るタイミングはTOBがかかったときと決めているので、しばらくは持ち続けます。

ソフトバンクG

ソフトバンクGを購入したのはスピンさんの動画の影響なのですが、ソフトバンクはともかく、ソフトバンクGは個別株としてはみなしていません。ソフトバンクGは孫さんがファンドマネージャーを勤めるアクティブファンドとみなして購入しています。

孫さんは決算発表でNAVをよく引き合いに出しており、私が購入した頃はNAVが15000円程度あるという説明をしていたので、当時の株価である9000円はかなり割安に感じました。

何回かにわけて購入していますが、ずるずると下がっているため、今は1050万円ほど保有していますが、含み損が200万円超となっています。

これに関しては、最初に書いたとおりアクティブファンドだと思っているので、当面は売りません。週足RSIが70を超えてくるようであれば、高値圏と判断して売ろうと思っていますが、高値圏になるまではかなり時間がかかりそうです。

今後はどうするか?

今後個別株をどうするかはまだわかりませんが、コア戦略にはなりえないので、あくまでも資金の一部でサテライト的に継続していきます。

2018年頃は一時期AmazonやSalesforceも買っていましたし、今年に入ってからも一時期NIOやマグナ・インターナショナルを買っていたりしたので、なにか面白い銘柄があれば手を出すかもしれません。ですが、これらの銘柄のときもそうだったのですが、下がり始めると途端に不安になって安値圏で売ってしまう癖があるので、長期的に上昇していくことを信じることが出来ないという点で、個別株はやはり私には向かないのだと思っています。

正直、ソフトバンクGやメルカリもさっさと予想があたって売りどきが来たら売り払いたいと思っているところです。

もしかしたら、一番長く保有するのはスタジオアリスになるかもしれません。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA