日記・雑記

キャンプで映画を見ながらFIRE後の生活を考える

ソロキャンプで映画を2本見ました

先週末はバイクソロキャンプに行ってきたのですが、夜はFireHD8にダウンロードした映画を見ていました。

今回見ていたのはこちらの2本です。

 

 

カイジを見て、お金のことを考える

カイジはマンガもほぼ全て読んでいて、この映画も見たことがあったのですが、つい見てしまいました。

お金に翻弄される人々。お金って、すごいですね。1000万円というお金は、普通の人にとってはとんでもない大金で、人生を左右するだけの力があるというのも頷けます。

ただ、今の私からすると1000万円でブレイブメンロードとか、絶対にありえないな、とも思っていました。お金に対する感覚は随分と変わってきてしまうものです。

純粋にエンターテインメントとして見ていました。

FF14光のお父さんをみて、FIRE後の人生を考える

この映画は見たことがなかったのですが、予想外に面白かったです。もともとはドラマだったようですね。

専務になるはずだった父親が突然会社を辞め、息子からプレゼントされたFF14にハマり、そこで正体を明かさない息子からの支援を受け、キャラクターとしてクエストを攻略しながらパーティーのメンバーと交流したり、課題に立ち向かったりするといった内容なのですが、いつか娘と一緒に見てみたいと思うほど面白かったです。

私はオンラインゲームはほとんどやったことがなく、もちろんFFオンラインもやったことがないのですが、こういう世界を経験してみるのも悪くないな、と純粋に思いました。

ネタバレをしてしまうと、このお父さんが会社を辞めたのは病気が理由で、FF14での体験を通じて手術を受ける勇気をもらうという話だったのですが、このお父さんがFF14をやっていなかったら、もっとつまらない日常を過ごしていたのかな、とも感じました。FF14の世界はそれはそれは綺麗で、現実の旅行でなくても、仮想世界での冒険もなかなか良さそうだ、とそんなことを思ったりしました。

私がこのお父さんのようにFFオンラインにハマることがあるかはわかりませんが、オンラインゲームを通じて遠方にいる家族と交流するというのは悪くない、と思いました。もし娘が将来遠方に住むことになって、この映画と同じようにオンラインゲームの中で交流できたら、それは楽しいだろうな、とそんなことを考えていました。

バイクを買って、思い出づくりに貪欲になっています。

今回のソロキャンプでは、一人で映画を見ていたのですが、それもなかなか面白い経験でした。

ソロキャンプはまだ2回しかやっていませんが、やるたびに新しいことにチャレンジしており、楽しいです。

また、バイクと買ったことで週末をどう過ごすかということをとても考えて行動するようになりました。

もちろん、一人でツーリングするだけでなく、家族との時間を大切にしています。

むしろ、土日の片方は一人で出かける代わりに、もう片方は家族で出かけるといったことを意識的に始めました。毎週かならず娘をどこかに連れ出しています。

娘が好んで父親と休日を過ごす期間は限られています。小学生のうちかもしれません。だとすると、今の時期はとても重要です。

そう考えると、1週間だって無駄にはできません。

老後に振り返って、もっと家族と過ごしておけばよかったなんて考えるのは嫌です。

なので、バイクがどんなに楽しくても、家族との時間は大切にしようと考えています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA