投資戦略

回り道にはきっと意味がある

風丸さんの動画を見て思ったこと

今朝は早くに起きてしまったので、Youtubeを見ていたのですが、以前みた風丸さんの動画を改めてみてみました。

内容としては、最初からレバナスに投資してずっと放置しておいたほうが良かった。自分がいろいろな投資を頑張って研究してつらい思いも経験したのに、レバナス放置のほうが5割も良かった、というものでした。

これ、すごくわかります。

私も散々回り道しました。個別株やったり、海外ファンドに手を出したり、見知らぬ証券会社を使ったり、海外口座を開設したり、外貨預金をしたり、いろいろやりました。

でも、回り道したことには意味があると思っています。回り道をしたからこそ、自分にあった投資を知ることが出来、それを修正し続けることが出来てきました。

結果的にたどり着くところが同じだったとしても、全く意味が違うと思っています。

例えば、ただ風丸さんのいうことを聞いて回り道もせずにレバナスに投資をしている人が、暴落が来たときに耐えられるでしょうか?

私は無理だと思います。なぜなら、風丸さんの意見を聞いてしまう人は、きっと他の人の意見も聞いて、弱気になってしまうだろうから。自分でいろいろな経験をして初めて、自分にあった投資スタイルを選択できるのだと確信しています。

暴落が来たとき、風丸さんは、きっと耐えてガチホできるでしょう。でも、風丸さん信者のみなさんがそれが出来るか、出来ない人も多いと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA