FIREについて思うこと

「仕事」することを禁止してみる?その先にあるものは?

「手紙屋 受験編」を読んでいてふと思った

昨日の投稿のあとも「手紙屋 受験編」を読んでいます。

この手紙屋という小説では、主人公の女子高生が手紙屋とのやり取りの中で、勉強することの意味を見出していきます。その途中、女子高生は手紙屋から勉強することを禁止されます。どうしても勉強がやりたい、そう思えるまで、勉強することを禁止されているのです。物語では、女子高生が勉強したいと思うようになっても、勉強し続けられるようになるまで、その意味をしっかりと理解するまで、ずっと勉強が禁止されています。完全にお預け状態です。

そのようなやり取りを見ていて、ふとこんなことを考えました。

勉強というのは、自分を鍛えるため、自分をピカピカに磨くための道具だった。では、仕事は何のための道具なんだろう?

勉強を禁止されることで、主人公は勉強の意義を見つけ、勉強し続けるようになりそうだ。では、仕事を禁止してみたらどうだろう?仕事がやりたくてやりたくて仕方なくなるのだろうか?

これは、とても面白い問いかけでした。

「仕事」は何のための道具だろう?

この問いについては、おそらく唯一の正解はないのだろうと思いますが、私なりの答えを見つけなくてはなりません。

なんだろう?

自己実現のため?

社会に貢献するため?

生活のため?

自分らしくあるため?

次世代に何かを残すため?

いろんな考えが浮かびます。これはすぐに答えが出せないように思います。もう少し考えてみることにします。

「仕事」を禁止したら、どうなるだろう?

これもまたとても興味があります。FIREするまでは、仕事をするしか選択肢がありません。会社に在籍しながら、仕事をしないというわけにはいかない。

でも、FIREした後なら、どうでしょう?

私の場合は、FIRE後は仕事をしても、仕事をしなくても良い状態になります。そのなかで、あえて仕事をすることを禁止してみたら、どんな気持ちになるでしょうか?

仕事をしたい、すごくしたい、仕事できないことが苦しい、そんな風に思うでしょうか?あるいは、何も思わないでしょうか?

これにはとても興味があります。

FIREをした後、数か月から2年くらい、仕事を禁止する期間を作ってみようか、そんなことを考えてしまいます。

人生の意味は自分で作ることができる。

この手紙屋の中では、人生の意味は自分でつけることができる、という話も出ていました。

実は、人生の意味は自分で自由につけることができる、という考え方はかなり以前から身に着けていました。

なぜかというと、自己啓発セミナーに参加したことがあるから。

私は20代の頃、とある思い、とあるきっかけから自己啓発セミナーに参加したことがあります。悪く言うと、自己啓発セミナーは一種の洗脳体験です。詳しくは書きませんが、このセミナーの教えの中に、人生は意味なし、というものがありました。これは、文字通り意味がない、という意味ではなく、決まった意味がない、意味は自分で何とでもつけることができる、ということだったのですが、その考えを知った直後はすごい興奮したことをよく覚えています。

正直、今の自分は人生の意味を見失っているという気がしています。なんとなく会社に所属し、会社の業績を上げることを期待され、自分がやりたいことと、自分がやらねばならないことと、自分が期待されていることの区別もできず、あるいは、意図的にそれらを同一視しようとしているように感じています。

さて、FIREをしたのち、私は仕事にどんな意味を見出すのでしょうか。

これにはちょっとワクワクしています。私のことだから、きっと何かしらの意味を見出して、仕事に邁進してしまうのではないか、そんなことを期待してしまいます。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA