日記・雑記

ふるさと納税、自腹になりました!

ふるさと納税額の上限を再計算しました

昨年のふるさと納税の上限額ですが、以前の記事では92万円との試算になり、その結果少し余裕をもって85万円ほど寄付したのですが、あらためて上限額を試算しなおしました。

上限額を計算しなおしたのは、こちらの理由からです。

  1. 会社の昨年の源泉徴収票が発行された
  2. 年末にXYMを売却し、買いなおしたので利益が減った

2.については、紅白歌合戦を見ている頃からどんどん下がってきたことに気づいたので、今売って買いなおせば昨年の利益を減らし、その分住民税を下げることができると考えて、急いでXYMをすべて売り、同数を買い直しました。(タイムラグがあったので、同数には至りませんでしたが。)

仮想通貨の利益が220万円ほど減りました

以前の試算の際の仮想通貨の利益はこちらのとおり、約1570万円でした。

それが、最終的には約1350万円まで下がりました。

源泉徴収票も反映しました

そして、昨年の収入も反映しました。

が、ここで思わぬ誤算がありました。

それは、年収が下がっていたこと。

理由は明白です。管理職になって残業代が出なくなったから。

昨年の途中で正式に管理職になった(もともと管理職でしたが、組合員のまま管理職をやっていたのが、組合員を外れました)ことを受けて、いままでついていた残業代が出なくなりました。

もちろん、みなし残業代は出るのですが、いままでの残業時間と比べると、かなり少ない金額でした。

また、ボーナスについても管理職の計算方法の方が少なく、結果として年収が100万円近く下がりました。

ふるさと納税しすぎました

再計算した結果、ふるさと納税の上限額は81万円となりました。

実際に寄付したのが85万円だったので、4万円程自腹となりました。

正直、もっと下がると思っていたので、予想よりも少額で済んで良かったです。

予想では70万円を切ると思っていたので、意外でした。

今年もふるさと納税たくさんできるように頑張ります。

昨年はXRPだけで1160万円を超える利益が出たことが大きかったですが、今年も仮想通貨の上昇は狙っています。

現在はイーサリアムを仕込んでいる最中です。

日足RSIが40以下の場合は、少しずつ買い増します。30になったら馬鹿になって買います。

一時的には損失を抱えますが、長期的には仮想通貨の伸びしろはまだまだあると考えており、リスクを取る価値があると考えています。

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA