投資戦略

アメリカに全集中が最適なのか?

風丸さんの動画が大変興味深かった

昨日、風丸さんのこの動画を見たのですが、大変興味深い内容でした。

結論だけ言うと、全世界投資より、米国集中が良いというものでしたが、その理由がなるほど、と思えるものでした。

理由としては、下記のとおりです。

  • 中国を4%も含んでいる
    • 中国は犬のうんこ以下、トリカブト
    • 習近平は毛沢東回帰を図っている。あの最悪な文化大革命というトチ狂った改革をやろうとしている。地獄絵図。
    • 文化人と金持ちをみんなで殺す政策。資本主義潰し。
    • 学習塾禁止令を出した。これは文化人を育てず、共産党を守るため。
    • アリババも各種の制裁や制限を受けている。アリババの資産を中国共産党が乗っ取ろうとしている。アリババの株価は一人リーマン・ショック。
    • テンセントも学習塾禁止、ゲームの利用時間制限で大ダメージ。ゲームは精神的アヘンと言われて厳しく制限。
    • 中国株は永遠に地の底を這うか、上場廃止もありうる。共産主義に市場経済なんてない。
  • 新興国も良くない
    • 新興国の資金調達は米ドル建て
    • リセッションが起きると、新興国は通貨安となり、ドル高でドル建て債権の利足が支払えなくなる。自国通貨が更に安くなる負のスパイラルが始まる。
    • 世界景気が良くなれば、FRBが利上げして、世界の資金が米国に向かう。これにより、新興国の経済発展は抑制される。
  • EUも良くない
    • EUは移民問題という爆弾を抱えている
    • 移民のせいで、自国の雇用が奪われ、社会保障費があがり、犯罪が増える。
    • 移民問題のせいで、右派政党の議席が増えており、EU脱退リスクが有る。
    • ドイツとフランスがEUを抜けることがあれば、EUは崩壊する。

CWEBで爆損している私には非常に痛い話

風丸さんの話、本当にそのとおりだな、と、そう思います。

この動画を先に見ていたら、CWEBを買わなかったかもしれないし、買ったとしてももっと少額にするか、買うタイミングを変えていたでしょう。

私も過去には新興国やEUで痛い失敗をしたことがあるのですが、また同じことを繰り返しているのかもしれません。

ただ、未来永劫米国が強い、とも言い切れない。世界の中心であり続けることができるのか、その点もとても注目です。

今後の戦略への影響は?

基本的には大きな戦略には影響はありません。

もともと私のコア戦略はレイ・ダリオのオールシーズンポートフォリオを意識しており、USA360と金を主力としているので、すでに米国がメインではあります。

ただ、サテライトではCWEBや個別株、仮想通貨を持っているので、この比率はやはり下げるのかもしれません。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA