日記・雑記

寄生虫のような生き方

Youtubeのまこなり社長批判を見て思ったこと

私は毎日大量のYoutubeを見ているのですが、その中で最近気になったことがありました。

それは、他人の批判をする動画が目に付くようになったこと。

直近だと、私がよく見ていたまこなり社長が会社の経営立て直しに専念するためにYoutube動画投稿を停止したのですが、会社経営について批判するような内容を投稿する人を何人か見かけました。

私はまこなり社長の動画が大好きで、ランキング動画とかお勧め商品とか、それ以外にも多くのコンテンツを楽しんでみていたので、とても残念な気分になりました。

さらに、今日は私が敬愛する鴨頭嘉人さんを馬鹿にするような動画を見て、正直気分を害しました。その方は鴨頭さんの動画をたいしてみてもいないのに、こんなものには価値はないとしたり顔です。そして、その動画に対するコメントをしている人たちも、同じように似非評論家のような同意コメントが多くを占めていました。

少し考えて、私の違和感についてわかってきました。

寄生虫のような生き方

まず、このような批判ばかりする人たちは、皆人相が悪いです。本当に人相が悪い。性格悪い人にしか見えないのです。

いままでなんとなく違和感を感じていたのですが、確信しました。だから、私は彼らを好きになれないのです。

そして、このような批判をする人たちのチャンネル登録者は、批判される側のチャンネル登録者より圧倒的に少ない。1桁は違います。つまり、雑魚が大物に対してチャチを入れているだけなのです。

情けない。。。

彼らは寄生虫です。規制する(批判する)対象がなければ生きられません。もう少し良い表現をすると、月です。照らす太陽がなければ生きられません。

そう考えると、ある意味気の毒な人たちだと思えるようになりました。

残念ながら、そのようなマインドでは成長しない

そして、残念ですが、彼らのようなコンテンツを好んで見るような人たちも同類です。他人を批判したり、それを見てストレスを発散させているような人は、自らの力で成長したりすることは出来ないのではないか、と考えます。

彼らはマインド的に裕福にもなれないでしょう。

若気の至りでそのような時期があるのは誰にでも起こることだと思いますが、早くそのステージを脱して、他人の幸福を喜び、他人の不幸を悲しめる人、成長している人、幸福な人を応援していける人になっていってもらいたい、そう思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA