日記・雑記

退職を申し出たら病院送り、そんなのアリ?

退職を申し出たところ。。。

これは私自身の退職の話ではないのですが、知人から聞いた話です。

そこはとある大企業。とある若手社員が業務の疲れやいろいろな事情で退職を申し出たそうです。その結果、どうなったか。

病院送りです。

すみません。ちょっと大げさでした。冷静な判断ができない状態だと判断され、一度精神科に行って診断書をもらい、それを理由に数ヶ月病気休暇を取ろうという処置になったそうです。

確かに、普段の生活を送れている状態で退職を決心するのと、いろいろな事情で疲れ切った状態で退職を決意するのでは、判断にも違いが出て当然なので、引き留めようとする会社側からすると、そのような処置をするのはある意味当然かと思います。

ただ、私自身が退職を申し出たときも、同じような対応になるのかな、というのはとても気になるところです。

会社をやめるのは異常、そんな判断をするのは精神的に良くないときだ、みたいな感じ方をされるのは、正直どうなんだろう、と思います。

もちろん、退職を申し出る人がみんなこのパターンになるわけではなく、転職する人は普通に退職していきます。が、転職するのでもなく、休養するために退職する場合は話が別です。

私の場合は、FIREなので転職ではなく、休養を取るための退職でもあるので、もやもやしますね。

私が退職を申し出た場合も、病院送りを覚悟しなくてはならないかもしれません。

すんなり辞めさせてもらえるのか、更生施設?(という名の説得部屋?)送りになるのか、どうなることやら。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA